抗真菌薬はどんな症状に使える?

真菌とはカビの一種で、種類によって様々な形態をとり、空気中にただよい吸い込むことで内臓に定着したり、人の皮膚にもとから存在し接触することでうつるなど、色々な経路から起こる感染症があります。一般的に知られているものには白癬菌による水虫やたむし、カンジダ症、クリプトコックス症、アスペルギルス症などがあり、感染部位も皮膚に留まって増殖する表在性真菌症と、心臓や脳などの臓器に定着して様々な症状を引き起こす深在性真菌症があります。カンジダなどの真菌は、体の表面である皮膚に常に存在しており、通常は人の免疫力で抑えられているため、増殖することもなく症状が現れることはありません。同様に真菌を吸い込むことで体内で発生するはずのアスペルギルス症なども、体調管理がしっかりしており免疫機能が働いている間は、症状が広がることはないと言えます。治療薬には皮膚に塗るタイプの外用薬から、服用して体内に作用するタイプの内服薬、注射などの抗真菌薬が存在し、真菌の症状によって使い分けがされています。表在性真菌症は基本的に命を脅かす症状はありませんが、かゆみや炎症といった症状が多く、塗るタイプの抗真菌薬が処方されることが多く、この薬によって真菌を抑えて症状を緩和します。体内で増殖して起こる深在性真菌症は、感染部位によって症状が違い、発熱や咳、痰などの症状が主に現れ、時として命に関わるものも少なくありません。初期症状が出ないものもあり、早期に診断することが難しいとされ、症状がかなり進んだ状態で発見され重篤になる場合もあるため、診断、治療、予防が困難と言われています。重症でなければ抗真菌薬の内服や注射によって治療することができ、症状に合わせて選択性のある薬を利用します。
■カンジダが通販で治せます
フルコナゾール
■水虫の治療薬です
ラミシールで真菌を殺菌する
■ネットで購入できる
イトラコナゾール
■抗真菌薬はニゾラールがおすすめです
ニゾラール